ハメパチ、ドームタイプの携帯ストラップと携帯クリーナーの作り方。

携帯ストラップファクトリー

オリジナル携帯ストラップ作成の専門サイトです。原稿を挟んでパチンとして作成するハメパチタイプのストラップを作っています。また、透明樹脂が高級感を出しているドーム型やケータイの画面を拭いてキレイにする携帯クリーナーなども扱っています。自分で原稿などを切り抜いてストラップを手作りしてみたいという方にはパーツの販売もしていますので自作にチャレンジしてみてください。

お見積・ご質問
ご注文フォーム

携帯ストラップ(ハメパチ・ドーム)携帯クリーナーの作り方

ここでは弊社よりパーツをご購入いただいた方のために、ハメパチタイプとドームタイプの携帯ストラップと携帯クリーナーの作り方をご説明させていただきます。下記の写真をご覧いただければお分かりになるとおり、作り方はとっても簡単ですのですぐに覚えられるかと思います。

ご自分でお気に入りの原稿(お手持ちの写真やご自身でデザイン、レイアウトされた絵やイラストなど)をもとにしてオリジナルが作成可能です。

(原稿をカットする時はハサミやカッターを使いますので、誤って手を切ってしまったりケガをしたりしないように十分にご注意いただき作業を行ってください。小さいお子様などは親御様が側についていただき注意しながら作業してください。)

ハメパチタイプ携帯ストラップの作り方

透明のアクリル素材でできたハメパチタイプは原稿を裏と表の2枚セットしてフタを閉めるだけで出来上がりというお手軽なキットです。作り方は以下のように簡単です。まず、お気に入りの原稿を裏表の2つご用意していただき、その上にフタを置いてフタのフチに沿ってハサミやカッターなどで原稿をカットしていきます。(ハサミやカッターを使う時はケガをしないように十分ご注意ください)。切り取った原稿を本体の中にいれてパチンとフタをすれば自分だけの携帯ストラップの出来上がりです。円形や楕円形などはカーブが付いているためゆっくりとカットしていけばキレイに切れるかと思います。正方形などは比較的作業しやすい形状ですのでラクに作業できるかと思います。

下の作り方の写真を見て「やっぱり原稿カットが難しそう」「原稿カットが面倒」といった方には「ハメパチパーツとクラフトパンチのセット販売」もありますので左のメニューをご覧下さい。

ドームタイプ携帯ストラップの自作用パーツ

金属製の本体に透明の樹脂盛りドームシールが高級感を出すドームタイプは見た目より簡単に携帯ストラップが作成できます。原稿にドーム型の透明シールを貼ってフチにそって切り取り、さらに金属製の本体に貼れば出来上がりです。以下の写真のように、まずお気に入りの原稿をご用意していただきます。ドームはシール状に糊が付いています。原稿にドームシールを貼っていただきそのフチをハサミやカッターでカットしていきます。(ハサミやカッターを使うときは十分にご注意ください。)その後は本体のシールを剥がしてドームを本体に貼ります。糊のつきを良くするために軽く上から押せばあなただけのオリジナル携帯ストラップの出来上がりです。

下の作り方の写真を見て「やっぱり原稿カットが難しそう」「原稿カットが面倒」といった方には「ドームタイプパーツとクラフトパンチのセット販売」もありますので左のメニューをご覧下さい。

携帯クリーナーの自作用パーツ

なんと携帯クリーナーも自作できます。しかも透明の樹脂盛りがオシャレでクリーナー部分も特殊ワイピングクロスといった本格的なクリーナーです。作り方も以下の写真をご覧の通りカンタンにです。お気に入りの原稿をご用意していただいた後は、上から糊のついたドームシールを原稿の上に貼ります。そして、ドームシールのフチに沿ってハサミやカッターでカットしていきます。(ハサミやカッターなど刃物を扱いますので取り扱いには十分ご注意ください。)そして本体のシールを剥がしてドーム部分を本体に貼りあわせれば出来上がりです。こんなに簡単だと作るのも楽しくなりそうです。

下の作り方の写真を見て「やっぱり原稿カットが難しそう」「原稿カットが面倒」といった方には「携帯クリーナーパーツとクラフトパンチのセット販売」もありますので左のメニューをご覧下さい。
上の写真を見て「簡単そう」「自分にもできそう」「ぜひ作ってみたい」と思われた方はパーツを購入してご自分で作ってみてください。やっぱり原稿カットがちょっと難しそうと感じられたり、原稿をキレイにカットしたいと思われた方々は「オトクなパーツとクラフトパンチのセット販売」も行っておりますのでご検討ください。こちらからどうぞ→パーツとクラフトパンチのセット販売